4Kを持ってハワイに行こう!! その3/ FDR-AX100用モバイルHDD製作編


安心して映像の撮影と利用が確認できたところで、ふと思ったのです。

4Kをバカバカ撮影すると、メモリカードが一気に無くなってしまう。日本ならまだしも海外なので、たとえハワイでもMacBookProを持って行くということはしたくない。だって、撮影機材に含め、iPhoneやiPadminiも持って行くとそれだけで大荷物になってしまうので…。

そこで、何かいいアイディアと思っていたら、SONYからFDR-AX100のアップデートがかかった。なんと、PCが無くても直接HDDを接続して、そこに撮影した映像がコピーできるという。

これはすばらしい!!

そこで、FDR-AX100用のモバイルHDDを作ってみました。というか、ケースに入れただけの超簡単製作。ハンダ付けもケーブル云々不要。ましてすごく安価(UNI-HAL300U3RE/¥1,580税込)。

HDDはHGSTの2.5インチの1.5TB(SATA6.0Gbps/5400回転:0S03634/¥13,380税込)にしてみました(遅いけど7200回転に比べ電気を食わない)128GBも最低でも10回はコピーできる!!

時間にして40時間は十分に撮れる。うれしい。

Ph13_MG_7576_SPh14_MG_7585_S Ph15_MG_7580_SPh16_MG_7582_S Ph17_MG_7581_S Ph18_MG_7588_S Ph19_MG_7590_S

 

ケース購入のポイントとしてやはりUSB3.0対応ですね。開けて差し込めばOKなのがいいですが、このケース非常にきついです。無理矢理押し込んで入ったって感じ。

ケーブルは付属。

FDR-AX100に接続するには、SONYから発売されている「USBアダプタケーブルVMC-UAM2」が必要。うまく動かないかもしれないということを考えて、ケーブルは高いけどSONY純正を選択。

Ph21_MG_7570_S Ph22_MG_7571_S

ポイントがもう一つ。

HDDのフォーマットです。Windowsのみの利用なら何の考えも不要だけど、自分はMac。なのでMacでもWindowsでもと考えて「exFAT」を選ぶのがポイント。Macに最初に接続すると、自動的にフォーマットするウィンドウが出るので、そこでフォーマットを「exFAT」にしよう。

それだけで完了。

Ph10_exFAT

あとは、このHDDを付属のUSB3.0ケーブルを介してSONYのVMC-UAM2ケーブルに接続し、それを4KのFDR-AX100に差し込めばOK

モバイルHDDへの電源はAX100からケーブルを通して供給される(注意:ACアダプタ必須)。

Ph23_MG_7572_S Ph24_MG_7583_S

SDXCカード内容をメニューからコピーすればいい。差分でコピーできるので、時間があったらHDDにバックアップした方がいい。まるごとだとめちゃくちゃ時間がかかりそうだから。

コピーしたHDDは、メモリーカード同様にAX100に差し込んでそのままHDDからの再生にも対応してるし、HDDのみをMacに差し込んでもFDR-AX100が無くても再生できる。いいじゃないですか。そうそうSONYの4Kテレビではアップデートにより、4K映像が入ったHDDを直接接続すれば、そのまま4Kが再生できるようになるとのこと。AX100がいらないんですね。4Kデータの入ったHDDが非常に重要になるんですね。

さあ、準備万端。Hawaiiに行くぞ!!

あとは、帰ってからのお楽しみ。7泊9日。存分に撮影してくるぞ!!

そうそう、注意としてHDDへのコピーには接続するモバイルHDDへの給電のために、AX100には必ず「ACアダプタの接続」が必須です。付属のACアダプタも一緒に忘れずに持って行きましょう。もちハワイでもそのまま使えます。

なお、充電にもそのACアダプタが使えますが、バッテリーの充電には時間がかかるので、ACアダプタチャージャAC-VQV10(バッテリーNP-FV100が付属のACC-V1BPが安価でバッテリー単体で買うより安いです)があるといいですよ(2個のバッテリーをリレーして充電してくれますしね)。